チャレンジタッチ 比較

チャレンジタッチとこどもチャレンジの選び方について

進研ゼミでは、タブレット学習のチャレンジタッチと
従来のテキストタイプのチャレンジの2つの教材がスタートしました。

 

自分にピッタリな勉強法はどっちが良いのか迷っている人が多いようなので、
ここでは、チャレンジタッチとチャレンジの2つの教材について比較してみようと思います。

 

ます、大きなポイントというのが、

 

見て、聞いて、操作してしっかり理解できるのが

チャレンジタッチ

チャレンジタッチ 画像

 

チャレンジタッチの方では、タブレット学習の特徴とも言えるのですが、
実際に授業を受けているような感覚で動画を見ながら、解説を聞いて、実際に手で操作しながら学習するのでただ本を見て学習するよりも理解が深まりやすい。
という感想を持たれるお子さんが多いようです。
例えば、算数の計算の仕方をひとつとって見てみても、音声付きの解説動画で順序をおって見れるのと、分からなかったところを繰り返し見ることができるのも嬉しい事だと思います。
授業では、わかりづらく困っていたとしても、そこで立ち止まって解説を繰り返してくれる先生なんて実際にはいませんからね!

 

答え合わせも自分でできるのもタブレット型のチャレンジタッチならではの特徴です。
答え合わせをお母さんに頼まなくても良いので、お子さんの自分のペースで学習を進めることができます。
さらには、間違えたところを、そのつまづきに合わせて問題を解説してもらえるので
その場で苦手をなくせて、毎日の勉強が楽しくなること請け合いです!

 

 

 

読んで、書いて、体験して考え方から理解できるのが

こどもチャレンジ

こどもチャレンジ 画像

 

チャレンジでは、ゆっくりと自分のペースでテキストを読むことができるので、しっかりとした考え方を理解して学ぶことができます。
その上で、体験教材を使って学習をするので理解度が断然深まりまるんですね。
本を読むことが好きなお子さんや、実験や工作が好きなお子さんには
今まで通りのこどもチャレンジの方がしっくりとくる。という評価をされているという方が多く見られます。

 

やっぱり、どちらが良いか迷うんだよね〜。という方は、
こちらから、資料を取り寄せてもらうと、
『迷っている君はやってみよう!講座選びに役立つオススメ診断』がもらえちゃうよ!

 

今すぐチャレンジ!